国分太一 TBS系「ビビット」9月打ち切りで異例の救済措置

TOKIO国分太一「ビビット」9月いっぱいで打ち切りと報道 後番組MCは立川志らくとも

記事まとめ

  • TOKIO国分太一MCのTBS系朝の情報番組「ビビット」が9月いっぱいで打ち切りになるそう
  • 後番組のメインMCは立川志らくとのことで、国分には異例の"救済措置"があるという
  • 国分MCの深夜番組「世界くらべてみたら」は10月からゴールデンに昇格する

国分太一 TBS系「ビビット」9月打ち切りで異例の救済措置

国分太一 TBS系「ビビット」9月打ち切りで異例の救済措置

TBSの社屋

 TOKIOの国分太一(44)がMCを務めるTBS系朝の情報番組「ビビット」(月〜金曜午前8時)が、9月いっぱいで打ち切りとなることが分かった。「ビビット」の後番組のメインMCは、落語家・立川志らく(55)で内定したという。「ビビット」の前に放送されていた「いっぷく!」も含めると、5年半も務めた帯番組のMCを降板する国分には、異例の“救済措置”が用意された――。

 TBSでは、国分がMCを務める深夜バラエティー番組「世界くらべてみたら」(木曜午後11時56分)が、10月から毎週水曜午後8時の枠で放送されることが発表されている。深夜番組で高視聴率を取り、好評を博した番組がゴールデンに昇格することは、テレビ界ではよくある話だが、今回ばかりは事情が違う。同番組は、深夜枠でも特に目立った実績もないことから、首をかしげる視聴者も多いことだろう。

「ゴールデン昇格は国分への“救済措置”。なぜなら国分が司会を務める『ビビット』が9月いっぱいで終わることが決まっているからね。月〜金曜の帯番組が終わる代わりに、ゴールデン番組のMCを持たせたというわけ」と言うのはTBS関係者。

 国分は2015年に元TBS局員との結婚を発表しており、同局とかなり縁が深いタレントだ。それだけでなく、「ビビット」の前身番組で国分がMCを務めた「いっぷく!」を開始した時の経緯から、どんなに視聴率が悪いとはいえ、簡単に国分を切ることはできなかった。

「『いっぷく!』が始まった2014年(国分が所属する)ジャニーズ事務所は“SMAP育ての親”と言われた元チーフマネジャーの飯島三智氏(現CULEN社長)と、嵐などを率いる藤島ジュリー景子氏による派閥争いの真っ最中だった。TBSはSMAPと近い距離にいたが、『バランスを取ろう』ということで、ジュリー派の国分にオファーを出した。当時、NHKの裏番組『あさイチ』のMCもジュリー派であるV6の井ノ原快彦だったから断ったが、TBSは何度も頭を下げて迎え入れた」(芸能プロ関係者)

「いっぷく!」「ビビット」と、ずっと低視聴率だったが、このようなきなくさい話があるから、なかなか打ち切りの決断は下されなかった。だが、さすがにもう上がり目はないことは誰の目にも明らか。さらに国分のモチベーションも下がっていることから、ついにTBS、ジャニーズが打ち切りで合意した。その条件が、「世界――」のゴールデン昇格だった、というわけだ。

 注目の「ビビット」の後番組に関しては「志らくで決まり。現在は同局の『ひるおび!』にも毎日出演しているが、好評のため降板しない予定。TBSは、不振の午前を志らくで勝負をかける。相方を務めるのはイケメンでハーフの国山ハセンアナ。すでに『サンデー・ジャポン』を育てたプロデューサーが新番組立ち上げに動いている。『サンジャポ』風の、バラエティー色が強い情報番組になるのでは?」(テレビ局関係者)。

 午前8時にスタートする朝の情報番組は激戦区だ。民放では羽鳥慎一がMCを務める「モーニングショー」(テレビ朝日系)が一歩リード。続いて、MCの加藤浩次が所属の吉本興業を糾弾した“加藤の乱”で一時、視聴率を上げた「スッキリ」(日本テレビ系)、さらに「とくダネ!」(フジテレビ系)が激しい2番手争いを繰り広げている。さらにNHKの「あさイチ」も、メインMCが井ノ原と有働由美子アナ(現フリー)から博多華丸・大吉に代わったが、依然として高視聴率をキープしている。そうしたなかでTBSは完全に置いてけぼりを食らっていた状況だった。国分から志らくに代わって、巻き返すことができるか?

関連記事(外部サイト)