流れ星・瀧上の妻・小林礼奈が子宮外妊娠で緊急手術

流れ星・瀧上伸一郎の妻・小林礼奈、ブログで子宮外妊娠で緊急手術したと明かす

記事まとめ

  • 「流れ星」瀧上伸一郎の妻・小林礼奈が、子宮外妊娠で緊急手術したとブログで明かした
  • 卵管が破裂すれば急な出血で命を落とす危険性もあり、やむを得ず片方の卵管を摘出した
  • 小林は元AKB48前田敦子のものまねなどをしていたが、豚好きが高じて養豚場に勤務

流れ星・瀧上の妻・小林礼奈が子宮外妊娠で緊急手術

流れ星・瀧上の妻・小林礼奈が子宮外妊娠で緊急手術

緊急手術を受けた小林(顔写真は瀧上)

 お笑いコンビ「流れ星」瀧上伸一郎(40)の妻でタレントの小林礼奈(27)が、13日と14日に連続で公式ブログを更新し、子宮外妊娠で緊急手術したことを明かした。

 小林は7月に体調不良から婦人科を受診したところ、初期流産の疑いがあったという。8月13日に検査を行ったところ、子宮外妊娠で緊急手術となった。

 卵管が破裂すれば急な出血で命を落とす危険性もあり、やむを得ず片方の卵管を摘出した。小林は手術室で涙を流しながらも「とりあえずは破裂せずに生きてて良かった」と締めくくった。

 実は1週間後、瀧上が珍しくまとまった休みを取れたことから、家族で2泊3日の温泉旅行に行く計画を立て、眠れないくらい楽しみにしていたという。

 しかし、医師から入浴で患部にバイ菌が入る可能性を指摘され「今回の目的はプールと温泉だったし温泉旅行で温泉入れないのは生殺し状態でキッツイ!! まだまだ未知数なので今回は泣く泣くキャンセルしました。9月に連休が取れると信じて。お願いします。頼む!!!」とあきらめた。まさにダブルショックだ。

 小林は元「AKB48」前田敦子(28)のものまねなどをしていたが、豚好きが高じて養豚場に勤務。最近では週刊誌でグラビアを披露するほか、バラエティー番組などで男性の下半身マニアであることを明かし“ヤバすぎる嫁”として、夫をしのぐほどの存在感を発揮している。

 屈指のイケメン芸人として知られる瀧上とは、2016年6月に“出来ちゃった婚”し、2歳の長女がいる。瀧上は14年に「第23回東京スポーツ映画大賞 第14回ビートたけしのエンターテインメント賞」で日本芸能大賞を受賞し、ネタ作りの才能を評価されている。

関連記事(外部サイト)