24時間テレビ 第4のランナーは当日のスタート時に発表

24時間テレビ 第4のランナーは当日のスタート時に発表

日本テレビ

 18日放送の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」で、「24時間テレビ」(24〜25日)の目玉企画、チャリティーマラソンの4人目のランナーを当日のスタート時に発表することが明かされた。

 今年のチャリティーマラソンは4人による駅伝方式で、当初はそれぞれ42・195キロを走ることになっていた。しかし、この日「世界の果てまで――」の終盤、おなじみの坂本雄次トレーナーが登場し、すでにランナーとして発表されているいとうあさこ(49)、ガンバレルーヤ・よしこ(28)、ハリセンボン・近藤春菜(36)の3人に、距離の変更を言い渡した。

 昨今は猛暑の影響で、真夏にフルマラソンなど行えば、どんな惨事が起きても不思議はない。そこで、坂本トレーナーはよしこ、近藤に10キロ短い「32・195キロ」を走るように指示。いとうには「最年長ということもありますので、42・195キロで」と変更なしと伝えた。いとうは「前振りがおかしくないですか?」と不満を表しつつも、「黄色いタスキを4人で国技館に運ぶことが大事ですから」とすぐに切り替えた。

関連記事(外部サイト)