カラテカ入江「みんなの優しさに感謝しかございません」TBSビビットにメッセージ

カラテカ入江「みんなの優しさに感謝しかございません」TBSビビットにメッセージ

カラテカ入江

 反社会的勢力の忘年会に会社を通さず芸人を出席させる「闇営業」をしたとして6月4日に吉本興業が契約を解消したお笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)が20日放送のTBS系「ビビット」にメッセージを寄せた。

 この日は、闇営業で謹慎していた吉本芸人11人が19日に処分を解除され、レイザーラモンHG(43)らが活動再開した模様を伝えた。番組欄に「カラテカ入江沈黙破る」と予告されていたことで注目されていた。冒頭、「みんなには本当に申し訳ないと思っています。みんなの優しさに感謝しかございません」と謝罪と感謝のメッセージが寄せられたことを伝えた。

 入江は一連の吉本騒動の発端となる反社会勢力との闇営業問題で、仲介役として6月4日に吉本から契約解消された。同6日、自身のツイッターに謝罪のメッセージを掲載してから、表に出てくることはなかった。

 火曜コメンテーターの千原ジュニア(45)は謹慎芸人の復帰について「2700とスリムクラブは無期限謹慎やったので、非常に不安やったと思う。11人同時に謹慎が解除されて本当に良かった」と笑顔でコメント。「来週か再来週、ウチがやってるお笑いライブにスリムクラブがゲストで出てくれる。また一緒にお笑いをつくっていきたい」と再出発を約束した。

 くまだまさしについて「ネタの小道具を入れている箱の内側に娘さんの写真を貼っているんですよ。2か月ぶりに舞台で見る娘の写真は、感慨深いこところがあったんじゃないか」と思いやった。

関連記事(外部サイト)