博多華丸 吉本騒動で謎かけ「どちらもぴりりとしますが、いずれ笑って終えるでしょう」

博多華丸 吉本騒動で謎かけ「どちらもぴりりとしますが、いずれ笑って終えるでしょう」

囲み取材で大笑いの華丸。左は酒井美紀

 お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸(49)と女優の酒井美紀(41)が21日、東京・千代田区の神田明神で明治座公演「めんたいぴりり〜未来永劫編〜」(9月22〜29日)の成功を祈願した。

 辛子明太子の誕生を描いた「明太子をつくった男」(川原健著)を原作に、新たな物語を追加して舞台化。劇中で酒井はセーラー服姿を披露する。酒井のセーラー服といえば「TOKIO」長瀬智也とのドラマ「白線流し」(1996年=フジテレビ系)を想起させるだけに、華丸は「気持ちは長瀬智也でやらせていただく。その(制服)シーンだけは」とニンマリだ。

 同作は2015年に地元の博多座で公演している。酒井が「役者でも30回やると新鮮味を保つのが大変だが、華丸さんは熱演される」とたたえると、華丸は「その分、本業がおろそかになっている」とご機嫌にジョークを飛ばした。

 所属の吉本興業は闇営業問題で謹慎していた芸人11人が19日、復帰した。公演名の「ぴりり」と一連の騒動の謎かけを求められ「どちらもぴりりとしますが、いずれ笑って終えるでしょう」と返し「割と整ったような気がする」とドヤ顔。その上で、11人について「目の前のお客さまのために頑張っている」と語った。

関連記事(外部サイト)