TOKIO解散秒読み・ジャニーズ激震 長瀬が発火点

TOKIO解散秒読み・ジャニーズ激震 長瀬が発火点

ジャニーズ事務所

 ジャニーズ事務所の社長を務めた“カリスマ”故ジャニー喜多川さん(享年87)のお別れ会が、来月4日に東京ドームで行われる。これを機に、その前日までにツアーを終えた関ジャニ∞に何らかの動きがあるのでは?といわれているが、存続の危うさではTOKIOも同じ。強制わいせつ容疑で山口達也(47)が退所した昨春にも「解散説」は飛び交ったが、それでも持ちこたえたのはジャニーさんがいたからだ。だが、その“父親”を失った今、踏ん張る理由を見失っているメンバーがいる。それが長瀬智也(40)だ。TOKIO解散は間違いなく秒読み段階に入っている。

 TOKIOはジャニーズ事務所のアーティストには珍しく、それぞれが楽器をこなしロックバンドとしての活動を中心にしてきたグループだ。

 リーダーの城島茂(48)はギター、松岡昌宏(42)はドラム、国分太一(44)がキーボード、長瀬はギターを弾きながらのボーカルとして活動していた。だが、バンドとして欠かすことのできないベースを担当していた山口が抜けてからというもの、音楽活動は休止状態が続いている。

「山口がやめたとき、長瀬は『代わりのベーシストを呼んでまでTOKIOを続けるつもりはない』と言っていた。だけど、音楽活動ができていないことに大きな不満を抱いていたのも長瀬。この先、山口が復帰する見通しは限りなくゼロに近い。ジャニーさんがいなくなったことで、その問題が今後、解決することはないでしょう」(ある芸能プロ関係者)

 その結果、長瀬が大好きな音楽活動をするためTOKIOから抜ける可能性が高まる。「そうなると道は解散しかなくなるだろう、といわれているんです」(同関係者)

 これまでジャニーズでは「グループをやめる=事務所退所」が暗黙のルールだった。そのルールを変えたといわれているのが嵐の大野智(38)だ。嵐は来年末をもって活動休止するが、そのきっかけをつくったのは「嵐の活動をいったん終えたい」と言いだした大野だった。大野は嵐の休止とともに芸能活動そのものも休止するが、事務所には残る。これは、今までにないケースともいわれた。

「大野の後に事務所をやめると決断した関ジャニ∞の渋谷すばる(37)は、事務所に残ってソロ活動という選択もあったが、やりたい音楽の自由度を求めて、退所の道を選んだといわれています。大野の決断から暗黙のルールはなくなったといわれていますし、長瀬もグループがなくなったとしても事務所には残るでしょう」とはある音楽関係者。

 音楽活動に強い思い入れがある長瀬が、現状のTOKIOに満足できないとなれば、もはや解散するしか道はない。そこで、最後の難題となるのが、日本テレビ系の人気番組「ザ!鉄腕!DASH!!」の存在だ。

「山口の騒動のときも『DASH』がある限り、TOKIOの解散はない、とまでいわれた。日テレとしては『DASH』を終わらせたくはないでしょうが、裏を返せば、『DASH』が終わるようなことがあれば、TOKIOが存続するかどうか分からないということ。実際、プロ級の大工の腕前を持つ山口がいなくなってからの、DASH島の開拓では、他のメンバーは山口の抜けた穴を埋め切れていない。奮闘しているのは城島だけじゃないかという声すら聞かれる。日テレ内でも“この先続けられるのか?”と不安に思っている者は少なくないと聞きます」(あるテレビ局幹部)

 7月9日に死去したジャニーさんに対しては、同月12日に所属タレントらが集合した“家族葬”が行われた。一般ファンにも開放する9月のお別れ会で、追悼イベントにもひと区切りがつく。

 ジャニーさんという強力な“ストッパー”の不在が日常として続くことで長瀬の不満が爆発し、TOKIOが解散するのは時間の問題なのだ。

関連記事(外部サイト)