劇団EXILE 9人体制初の全メンバー出演舞台に気合十分

劇団EXILE 9人体制初の全メンバー出演舞台に気合十分

左から秋山真太郎、八木将康、佐藤寛太、鈴木伸之、青柳翔、町田啓太、SWAY,、小野塚勇人、小澤雄太

 劇団EXILEが26日、都内で舞台「勇者のために鐘は鳴る」(来年1月24日〜2月2日=東京・TBS赤坂ACTシアター、2月13〜16日=大阪・梅田芸術劇場)の製作発表会見を行った。

 2007年に旗揚げした劇団EXILEが、15年に現在の9人体制になってから初めて、全メンバーが出演する公演を開催する。一昨年のTBS系ドラマ「あなたのことはそれほど」で大ブレークした鈴木伸之(26)は「9人で舞台をやるのは初めてで、すごい楽しみ。正直(自分は)舞台をやるのは6年ぶりなので、足がすくんでおります。ウソです」と冗談を交えながら話した。

 EXILEや三代目J SOUL BROTHERS、劇団EXILEなどが所属する大手芸能事務所LDHは来年、6年に一度の祭典「PERFECT YEAR」を控えており、ライブや舞台などで合計300万人を動員予定。劇団EXILEにとっては、記念すべき年の幕開けに全員が揃うことになり、町田啓太(29)は「アーティストの方たちに負けないくらい、僕たちもドームに立っているくらいのエネルギーを持って頑張っていきたい」と意気込んだ。

 公演の原案・プロデュースは劇団EXILEが務め、頻繁に9人で集まってディスカッションを続けているという。まだ脚本や演出は固まっていないが、鈴木は「(八木)将康さんが飛び道具になりそうです。ACTシアターの外を飛んでいるかも。9人で見せられるエンターテインメントの幅は広いと思う」と胸を張った。

関連記事(外部サイト)