“闇芸人”軍団が9・24西口プロレスで「一発屋芸人デスマッチ」

“闇芸人”軍団が9・24西口プロレスで「一発屋芸人デスマッチ」

西口プロレス9月大会のポスター

 あの“闇芸人”たちが大集結! 今夏、吉本興業を中心とした「闇営業問題」で世間を騒がせたムーディ勝山(39)、天津木村(43)、レイザーラモンHG(43)らが、西口プロレス9月大会(9月24日、新宿フェイス)のリングで「一発屋芸人デスマッチ」を繰り広げることがわかった。

 今月、謹慎から復帰したばかりの一発屋“闇芸人”たちが、生き残りをかけて秋風吹くリングに集合する。迎え撃つのは西口のエース・長州小力(47)。クリーンなお笑い界を実現するため、目先の汚い金に目がくらんでダークサイドに落ちた同業者を徹底的に叩き潰す。壮絶なバトルロイヤルとなること請け合いだ。

 試合形式は未定だが、本紙が“世紀の一戦”を勝手にシミュレーションしてみた。まず予想されるのは、副業を生かした天津木村とムーディのツープラトン「ロケバスドライバードライバー」だろう。容赦なく浴びせられる小力からの罵詈雑言を右から左に受け流しながら、ムーディが凶器のマイクで応戦。2人が合体しての必殺技で百戦錬磨の小力に対抗する。

 続いては“ガンダム芸人”若井おさむ(46)だ。小力が“シャアッ!”と気合を入れてラリアートを一閃お見舞いすると、若井は「親父にもぶたれたことないのに」とものまねで応戦。さらには新ギャグ「おさむちゃんですッ!」を繰り出して対抗するが、離婚した元妻(すでに別の男性と再婚)の話題を出すと途端にテンションが落ちる弱点がある。試合巧者の小力が「僕のセイラさん」ネタをネチネチと突いてくるかが見ものだ。

 そして、スギちゃん(46)の登場。あまり知られていないが、実は大日本プロレスの熱狂的ファンで、中でも蛍光灯デスマッチが好み。ワイルドさに磨きをかけた新ギャグ「デスマッチョ!」がお披露目されれば、有利な試合展開となるかもしれない。

 やっかいなのは、コウメ太夫(47)だろう。2年前、写真誌「FLASH」で、1回り以上も年下のグラドルレスラー・加藤悠(30)と熱愛・破局を伝えられた。加藤を口説いたのは、芸能マスコミ関係者も出席した健全な飲み会。空気を読まない大胆な行動に周囲はあきれ返った。

 対してリングに上がるために努力を重ね、大ケガも根性で克服したまじめな性格の加藤は、友人に「デートはすべて割り勘だった。彼は『2人の交際ネタで、テレビに復帰できる。まずはあの番組、次は…』と私をダシに再ブレークを画策していた。それなのに私が売名したと中傷されて悔しい。だまされた」と涙ながらに打ち明けたという。

 コウメの白塗りの下には、極悪非道な本性が隠されている。扇子を凶器に「チックショー!」と加藤から習得したプロレス技を未練がましく炸裂させれば、小力が一気に追い詰められる可能性もある。

 実力ナンバーワンは当然、HGだろう。学生プロレス、ファイティングオペラ「ハッスル」での経験があり、パワー、テクニックどれも芸能界トップクラスを誇る。

 ハッスルでの大ケガで休養を余儀なくされ、生活が困窮した過去があるが、それをバネに踏ん張り、いまや妻の住谷杏奈(36)は実業家として大成功した。住谷は「申し訳ないという気持ちがあり、個人的な意見では、夫に芸能界を引退してほしい。一世を風靡して私は尊敬してるし、やりたいことはやらせてもらったと思う」と、HGに“引退勧告”しており、これが最後の雄姿となる可能性もある。激しい腰振りを、しっかりと目に焼き付けたい。フォーッ!

関連記事(外部サイト)