NHKあさイチが「あおり運転回避術」を紹介

NHKあさイチが「あおり運転回避術」を紹介

「博多華丸・大吉」の大吉

 4日放送のNHK「あさイチ」は、あおり運転問題を特集。ニュースやワイドショーで何度も取り上げられながら、新たな証拠映像が公開されるなど、一向に減る様子はない。

 同番組は、あおり運転されたきっかけとして「車線変更」「追い越し車線を走り続けた」「法定速度を守って走っていた」「スピードが遅かった」があると説明。「悪いのはあおった側ですが、あおられた側にも原因があるようです」として、加害者に焦点を当てるのではなく「すぐできる!『あおり運転』回避術」を紹介した。

 運転講師が5年ぶりに運転するペーパードライバーを教習所で指導。割り込みと思われないための車線変更の仕方などを実地教習。法定速度を守っていて、後ろからあおられたら「道路脇に止めてやり過ごしましょう」とコメント。道路脇に止めるコツを伝授した。あおり運転されるきっかけとなる「追い越し車線を走り続けた」には、「速やかに走行車線に戻っていただきたい」と提言した。

 お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の大吉(48)は「あおり運転する方が悪いというのは絶対なんですけど、こういうリスクは自分たちでも減らせるということですね。基本に忠実な運転を心がけたいと思います」と締めくくった。

 民放では「横浜新道での衝撃映像の一部始終」「岩手・大槌町の副町長のあおり運転騒動」などを取り上げた。いずれの番組でも「あおられた側にも原因がある」としているが、具体的な対策はなし。視聴者にしてみれば「あさイチ」のあおり運転回避術が実用的かもしれない。

関連記事(外部サイト)