田村淳「道玄坂69」デビュー 相方・亮には「手伝ってもらわない」

田村淳「道玄坂69」デビュー 相方・亮には「手伝ってもらわない」

道玄坂69に囲まれる淳

 お笑いコンビ「ロンドンハーツ1号2号」の田村淳(45)が17日、都内で行われた現役風俗嬢アイドル「道玄坂69」の「爆誕デビューライブ」の取材会に出席した。

「道玄坂69」は、BSスカパー!のバラエティー番組「田村淳の地上波ではダメ!絶対!」(毎週木曜夜10時)から発足したアイドルプロジェクト。“明日抱けるアイドル”を旗印に、昨年11月からエントリーを始め、面接やオーディションをくぐり抜けた6人が正式メンバーとして誕生した。

 その後、2人脱退してしまったが、この日無事にデビューライブを迎えることができた。東京・渋谷区の道玄坂にあるライブ会場には250人のファンが終結。関係者は「チケットは“690円”。即完売となりました」と喜びを隠し切れない。

 グループのプロデューサーを務める淳は「これまで僕もいくつかアイドルをプロデュースしてきましたが、これが最後だと思っている。いろいろなアイドルが出尽くした中、ライブの次の日に抜けるというアイドルの最終形態ですよ(笑い)」と話した。

 自身が所属する吉本興業からは、すでに「吉本坂46」という芸人たちのアイドルグループが活動中。それについては「あの坂グループではヌケないでしょ!」とピシャリ。また、他のアイドル事務所からクレームはないが「今後人気が出てくれば、大人の方からお叱りを受けるかも。その覚悟はできている」とした。とはいえ「まあ、他のアイドルもヤルことはヤッてると思うけどね」とニヤリだ。ちなみに、闇営業問題で現在謹慎中の相方・田村亮(47)には「手伝ってもらわない。仕事させられる状況じゃないでしょ」。

「道玄坂69」は規格外のコンセプトだけに、どんな活動を今後展開していくのか注目を集めそうだ。

関連記事(外部サイト)