吉本騒動“スパイ芸人”の噂で疑心暗鬼 体制派にも反体制派にも近い“あの人”が!?

吉本騒動“スパイ芸人”の噂で疑心暗鬼 体制派にも反体制派にも近い“あの人”が!?

大崎会長

 闇営業問題に端を発した吉本興業の一連の騒動は、「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)を除く芸人たちが復帰し、マネジメント契約やコンプライアンスについて話し合う「経営アドバイザリー委員会」が立ち上がったことで、落ち着きを取り戻しつつある。

 あるお笑い関係者は「大崎洋会長と岡本昭彦社長の体制は変わりません。結局、これまで通りということですよ。だいたい専属マネジメント契約か専属エージェント契約か芸人たちに選ばせるといっても、エージェント契約を結ぶのは、売れているほんの一部の芸人たち。正直、契約書を交わさなかったからこそ、“直の仕事”ができるわけで『厳密にするんじゃねえよ』というのが大方の芸人たちの本音なんです。入江(慎也)が契約解除になったとき『入江さんがいなかったら、直の仕事できなくなるじゃねえか!』とみんな怒ってましたからね(笑い)」と話す。

 専属エージェント契約を結ぶ、もしくは検討しているのは「極楽とんぼ」加藤浩次ら、ごく一部の芸人と言われている。いわば、ある程度仕事が見込めるということだろう。宮迫も明石家さんまの個人事務所に入る方向とされ、これで一件落着と思いきや、そんなことはない。大崎―岡本体制が存続するということは、芸人たちが抱く上層部への恐怖心も続くことにほかならないからだ。

 中堅の芸人が明かす。「吉本の上層部は、一連の騒動中、今もそうですが、芸人たちの発言をチェックしているとされます。それはSNSやメディアでの発言だけにとどまりません。芸人の中に上層部のスパイがいると噂になっているんです」

 スパイとして様々な名前が挙がっており、その中でも“体制派”にも“反体制派”にも近い有名芸人が疑われているとか。「あくまでも噂なんですが、それだけ芸人たちは疑心暗鬼になっているということでしょう」(同芸人)。まだまだ余波は続いている。

関連記事(外部サイト)