元ラガーマンのDJ KOO「僕は昔も今もスタンドオフ」

元ラガーマンのDJ KOO「僕は昔も今もスタンドオフ」

左からDJ KOO、山本耕史、宇垣美里

 TRFのDJ KOO(58)、俳優の山本耕史(42)、元TBSアナウンサーの宇垣美里(28)が19日、都内で行われた「ラグビーワールドカップ2019」のパブリックビューイング「爆音ラグビー」のPRイベントに登場した。同イベントは、20日のラグビーW杯日本大会開幕戦(日本対ロシア)のパブリックビューイングのPRとして開催されたもの。

 高校時代、ラグビー部に所属していたKOOは「こう見えてけっこう体育会系」とポツリ。現在の金髪ロン毛という派手な見た目からはなかなか想像がつかないが「本当に高校時代、3年間ラグビー部で副キャプテンを務めた。ポジションは司令塔のスタンドオフ。朝7時にはグラウンドにいて、ボール蹴っていた」と明かした。

 イベントでは、楕円形のボールを見事に操り、華麗なパス回しを披露。高校時代に鍛えたことは、今の仕事にもつながるものがあるそうで「自分の目の前にあることをどんどん無心でやっていくこと」としみじみ。

 さらに「弟子として小室(哲哉)さんについていって、DJでもフロアをまとめて『Put your hands up!』することがラグビー精神と通じている」とジョーク交じりに話した。

 報道陣から「自分と師匠の小室さんの音楽性をラグビーのポジションに例えるなら?」と問われると「小室さんはジョセフ監督で、僕はDJ的なところでポジションはスタンドオフ」とニヤリ。クラブのフロアでは、今でも司令塔だという。

 W杯開幕戦のパブリックビューイングでは、KOOがDJとして参加しイベントを盛り上げる予定。「母国開催の初日。思いっきり応援したい」と力を込めた。

関連記事(外部サイト)