西野七瀬 「あな番」演技の高評価に「うれしい限りです」

西野七瀬 「あな番」演技の高評価に「うれしい限りです」

イベントに出席した西野七瀬

 元「乃木坂46」の女優・西野七瀬(25)、お笑いトリオの「四千頭身」「ハナコ」が30日、都内で行われた「キャッシュレス・ポイント還元事業」開始宣言記者発表会に出席した。

 キャッシュレス決済を使った場合にポイント還元などを受けられる中小企業・小規模事業者向けの事業で、10月1日から来年8月末まで実施される。

 同事業のCMに出演する大阪出身の西野は、メガネ姿で関西弁を披露。「お休みの時は視力が悪いので、メガネをかけてます。普段、親や家族と話す時は関西弁ですけど、CMで話すのは新鮮でした」と撮影を振り返った。

 自身のキャッシュレス生活はまだまだ進んでいないといい「今日からキャッシュレス生活を始めたい」と笑顔。「私自身、お支払いの時にもたもたしちゃって、後ろに並んでいる人を待たせちゃう。キャッシュレスならスムーズで便利なので、私みたいな人にぜひ」とアピールした。

 2月に乃木坂46を卒業し、主に女優として活動。4月から9月まで放送された日本テレビ系ドラマ「あなたの番です」では、連続殺人事件の“黒幕”黒島沙和を演じて話題となった。

 報道陣から演技を評価されていることを聞かれると「うれしい限りです」と笑顔で答え、女優として現場で気をつけていることについては「なるべくスタッフさんや共演者さんとコミュニケーションを取るようにしています。あとは翌日に疲れを残さないようにすること」と話した。

 CMの別バージョンに出演する四千頭身の都築拓紀(22)、後藤拓実(22)、石橋遼大(23)の3人は今回が“初CM”。デビューわずか3年でのCMゲットに後藤は「え? 経済産業省のCM?」とオファー時を振り返ったが、報道陣の多さを見て「分かりやすいドッキリだと思ったけど、この規模を見たらうそではないなと」とホッとした様子だった。

関連記事(外部サイト)