乃木坂46の新モデルケース!? 松村沙友理“マルチな女”に関係者熱視線

乃木坂46の新モデルケース!? 松村沙友理“マルチな女”に関係者熱視線

松村の今後に注目だ

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の1期生メンバー・松村沙友理(27)が、八面六臂の活躍を見せている。モデル、女優として活動する一方で、グループではバラエティー班として笑いを取るなど、これまでのメンバーにはないキャラで輝きを放っているのだ。関係者からは“マルチタレント”の新たなモデルケースとして熱視線を集めているという――。

 松村は2日、都内で行われた初主演映画「東京ワイン会ピープル」(4日公開)の完成披露試写会に出席した。同映画は、樹林伸(きばやし・しん)氏の同名小説を実写化したもので、ワインを通じて出会う人々の人間模様を描いた作品だ。松村は都会で働くOLの桜木紫野を演じる。

「この場にいらっしゃるみなさんの反応が一番気になります。映画楽しんでいただけましたか?」と松村が呼びかけると、大きな拍手が起こった。

 松村は笑顔で「バッチリみたいです。よかったです。ニコニコ!」と、乃木坂46の活動で見せる“ぶりっこ全開”で声を弾ませた。

 その後も共演者を巻き込んで“松村ワールド”一色に。紫野の同僚・千秋を演じた女優の大野いと(24)が「撮影でドン・ペリニヨンを飲ませていただいて。それまで耳にしたことしかないシャンパン…シャンパーニョだったので」と言い直すと、松村は「シャンパ〜ニュ?」とかわいく指摘。大野も照れながら「シャンパ〜ニュ」とアイドル声で訂正した。

 松村はアイドル活動だけでなく、ファッション誌「CanCam」の専属モデルを務め、女性ファンからも支持されている。これまで映画「賭ケグルイ」をはじめ、多数の映画やドラマに出演するなど女優としても活躍するが、本紙のインタビューでは、いつか来る卒業後について「いろんなことをやっていきたいと思っているので、一つに絞るというよりも、その中の一つとして女優というお仕事も頑張っていきたい」とマルチに活動する意向を明かしている。

 乃木坂46といえば、ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)で注目を浴びた西野七瀬をはじめ、卒業メンバーは女優を目指す場合が多い。

 芸能プロ関係者は「松村はモデル、女優だけでなく、テレビ番組などで笑いを取るバラエティー力も兼ね備える。グループ内ではプロデュース力を発揮。卒業後は“マルチタレント”として幅広く活躍し、現役メンバーの目標になる新たなモデルケースとしても期待は大きい」と明かす。

 アニメオタクとしても知られ、自身の愛称“さゆりんご”を名付けた「さゆりんご軍団」を結成した松村。同じ趣味を持つ佐々木琴子ら多くのメンバーを従え、独自の活動を展開中だ。

 今年4月に発売された乃木坂の最新アルバム「今が思い出になるまで」にも、さゆりんご軍団の楽曲「さゆりんご募集中」が収録されるなど、プロデューサーとしての手腕も発揮している。

 結成から8年になるグループでは、キャプテンを務めた1期生の桜井玲香が9月に卒業。昨年からいえば、西野、生駒里奈、若月佑美らグループを支えてきたメンバーが卒業し、3期生、4期生の加入と世代交代が進んでいる。

 多彩な顔を持つ松村が女優、モデルで活躍するイメージが強い乃木坂46の新たな道をつくることになりそうだ。

関連記事(外部サイト)