EXILE TETSUYA「ヒザの痛みはない」東京五輪イヤーに照準

EXILE TETSUYA「ヒザの痛みはない」東京五輪イヤーに照準

TETSUYA

 EXILE TETSUYA(38)が8日、都内で「beyond2020マイベストプログラム」認証書授与式に出席した。

 2020年東京五輪・パラリンピックの基本コンセプトの一つが「全員が自己ベスト」というもの。アスリートだけではなく、すべての人が自己ベストを目指す取り組みを支援する事業・活動を、内閣官房オリパラ事務局が認証している。

 EXILEらが所属するLDHのグループ企業で、ダンススクールなどを運営しているEXPGの「DANCEマイベスト応援プログラム」が認証された。具体的には全国で開催している「ダンスワークショップ」で、EXILEの楽曲を中心に振り付けを実施。個々に目標を立ててマイベストの達成を目指すというものだ。

 平田竹男内閣官房オリパラ事務局長から認証状を受け取ったTETSUYAは「ホッとしています。すごくうれしいですし、来年の五輪に向けて、自分たちでも何か盛り上げることはできないかと考えていた。自己ベストを目指すということで、ダンスを踊れるようになってもらいたい」

「両側膝蓋骨亜脱臼症候群」のため、5月から一部活動を制限しているが「最近、ヒザの手術から復帰できました。(痛みは)もうほとんどないですね。来年のPERFECT YEARでベストのパフォーマンスをするというのが僕の目標です」。来年はLDHの6年に一度の祭典「PERFECT YEAR」に照準を合わせている。

 TETSUYAは3月に結婚、夏に第1子が誕生した。また先日も橘ケンチが結婚を発表するなど、EXILE内ではハッピーなニュースが相次いでいる。「(子供は)毎日かわいいです。幸せな空気がすごくグループ内にも充満しています」と笑顔で話した。

関連記事(外部サイト)