大麻「もらった」RIZE・ジェシー被告に懲役2年求刑 入手元で名前浮上するが

大麻「もらった」RIZE・ジェシー被告に懲役2年求刑 入手元で名前浮上するが

マック・ファーデン・ジェシー・ソラト被告

 自宅で大麻を所持した大麻取締法違反罪などに問われたロックバンド「RIZE」の「ジェシー」こと、マック・ファーデン・ジェシー・ソラト被告(39)の初公判が8日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役2年を求刑した。

 ジェシー被告は世界的ギタリスト・Char(64)の長男。RIZEはバンドメンバーの「ケンケン」こと金子賢輔被告(33)も同罪で逮捕、起訴されている。

 被告人尋問でジェシー被告は「自分は大丈夫だろうと思った。認識が甘かった」と反省の弁を並べ「心を入れ替え、一日でも早くステージに立ち、全身全霊で歩んでいきたいです」と訴えた。

 母国の米国で17歳の時に初めて大麻に触れ、日本では2008年ごろから使用。ジェシー被告は「腰の痛みがある時や、ストレスを抱えているときに使いました」と述べた。

 他方で大麻の入手ルートについては、はぐらかした印象だ。7月19日の逮捕時に所持していた大麻は、同7日の音楽イベントで外国人に無償譲渡されたものだと主張。音楽関係者からは「業界では『ジェシーのところに行けば、大麻が手に入る』と言われていたほど。『偶然もらった』はあり得ない」という声も上がっている。

 事実、当局はジェシー人脈の“突き上げ捜査”を行い、人気男性グループのメンバーXをマークしていた。「Xとジェシーは仕事で交流があり、家族ぐるみの付き合いがあった」とは捜査関係者。有名アイドルグループの元メンバーYが警察の調べを受けた際も、元をたどればジェシー被告に行き着く。

「Yは警察に、ジェシー被告の名前を出したそうだ。2人は大麻仲間だった」(同)

 いわゆる重度のジャンキー。バンド活動再開を懇願するジェシー被告だが、まずは専門の医療施設で治療を行うことが先決だ。判決は29日に言い渡される。

関連記事(外部サイト)