和田アキ子 目の健康に気配り「カンペが見えないと死活問題」

和田アキ子 目の健康に気配り「カンペが見えないと死活問題」

広報大使に就任した和田アキ子

 歌手・和田アキ子(69)が、シニア層を対象に目の健康を維持するよう啓発する活動「VISION 100」の広報大使に就任し10日、都内で行われた記者会見に出席した。

 和田は「人生を100年生きるってことが当たり前になってきた。いろんなところに気を使うのに、目だけ遅れてる気がするのが残念。広報大使になったので、目に対する意識を高めたい」と意欲を語った。

 自身については「私は生放送をやってるので、カンペが見えないと死活問題になりかねない」とのことで、目の健康には常に気を配っている。「目薬は必ず一日4回、さしてます」

 和田といえば“芸能界のご意見番”として知られている。もちろん本人も自覚していて「何か言ってあげたいんだけど、芸能界の話題がないでしょう? 今はノーベル賞とラグビーくらい」と苦笑した。

 ラグビーについては「私、ホントににわか(ファン)で、負けたら見ないと思う。でもあの松島くん? あのスピード感はすごい。応援し続けたい」と熱く語ったが、報道陣から「ぜひ現地で」と言われると、「私、意外に忙しいんですよ。行きたいけど、日曜日は生放送やってるし」と笑わせた。

関連記事(外部サイト)