桜井日奈子 シブコと“岡山タッグ”熱望「勝手に親近感湧いちゃう」

桜井日奈子 シブコと“岡山タッグ”熱望「勝手に親近感湧いちゃう」

特製きびだんごをアピールする桜井日奈子

 女優の桜井日奈子(22)が11日、都内で行われた「『鬼カワイイ岡山市』公式VTuber HINAKO デビュー記者会見」に出席した。

「桃太郎のまち岡山大使」を務める桜井は、桃太郎をイメージしたかわいい「MOMOガール」の衣装で登場。衣装について「お尻がすてき。動きがかわいらしく見えるデザインで、目立ちますね。あと10年以上は着たいです」と笑顔を見せた。

 3年連続でのPR動画出演となるが、今回はVTuber「HINAKO」に挑戦。リアルとバーチャルを掛け合わせた動画で見事な岡山弁も披露している。「上京してきて3年半になるんですけど、カメラの前で岡山弁をしゃっべってくださいと言われると、スラっと出てこなくなってしまった。東京に染まったわけじゃないんですけど…。動画撮影の時には、言語指導を受けてやりました」と撮影エピソードを語った。

 岡山出身の有名人といえば、ゴルフの「全英女子オープン」を制して一躍時の人となった渋野日向子(20)がいるが「同じ『ひなこ』で年齢も近いということで、勝手に親近感湧いちゃうんですけど、世界で戦っているすごい方なので、すてきだなと思います。岡山市の観光大使として、いつか、ご一緒できるんじゃないかと思っていて。それがいつになるのか、もしかしたら『私はいないのかもしれない』と危機感を抱きながら、いつかご一緒できたらいいな」と呼びかけた。

 そして最後に「岡山の魅力がたくさん詰まった動画になっています。これを機に『鬼カワイイ岡山市』に足を運んでみてください」とアピールした。

関連記事(外部サイト)