矢沢永吉の怒りの反論 いったん削除もすぐに復活

矢沢永吉の怒りの反論 いったん削除もすぐに復活

矢沢永吉

 歌手・矢沢永吉(70)の公式サイトは13日、一度削除した矢沢本人のコメントを再び掲載した。

 矢沢は12日に自身43年ぶりとなる東京・日比谷野外大音楽堂でのスペシャルライブを、台風19号の影響で無念の中止。代わりに来場予定だったファンに向けて、リハーサルの様子などを動画配信(後に19日配信に変更)することを発表した。

 ところが、この決定に対し「なぜ台風直撃の時に? ライフライン使って モラル無いですねぇ もっと一般常識があると思ってましたが」などとする苦情メールが届いた。これに矢沢は怒った。「君はまぁ言いたいことを好き勝手に書いてくれたもんですね。君に、僕たち日比谷ライヴ制作立ち上げ側の(矢沢&裏方&バックミュージシャン…)苦労と努力と意気込み…何がわかるのですか? なにも知りもしないで、よくここまでいいたい放題で書けたもんですね! 君こそ本当に自分では何も知らない、何もできないくせに、人の揚げ足ばかり取ってて楽しいですか?」

 さらに「僕たちがどれだけ、この43年ぶりの日比谷を成功させたかったか…招待に当選されたファンの皆さんに喜んでもらいたかったか君にわかりますか? 今日の12日の夜からの配信予定でしたが、やはり今夜はやめようということになりました。理由、あまりに大きな台風、今は配信どころではない… 被害が本当に本当に心配です!! どの立場の人も、その人その人で頑張ってんだよ! メールごときで言いたいこと言ってんじゃねーよ、たくっ」とつづった。

 この反論は大きな反響を呼び、ネット上では賛同する意見が多かったが、13日昼ごろになぜかいったん削除。しかし、午後3時過ぎに再び掲載された。

関連記事(外部サイト)