渡辺満里奈 夫・名倉の休養&復帰で「家族の絆が強くなった」

渡辺満里奈 夫・名倉の休養&復帰で「家族の絆が強くなった」

試食をする渡辺満里奈

 タレントの渡辺満里奈(48)が15日、東京・中央区のロイヤルパークホテルで行われた「10月18日は『冷凍食品の日』〜ココロにおいしい、冷凍食品〜」PRイベントに出席した。

 小学生2人の母親である渡辺は「朝は5時か、5時半に起きて、一日がバタバタと過ぎていきます。自分の時間は朝起きた時の30分とか、みんなが寝た後の少しの時間ですね」と多忙な主婦業の合間を縫って、タレント業を行っている。

 この前は小学6年生の長男が友達を5人呼んで、自宅でお泊まり会をしたそうで「いろいろとたくさん料理を作ったんですが、唐揚げにしか興味がありませんでした!」と苦笑い。トークショーでは渡辺の手作り料理を写真で披露し、同席した「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフの三國清三氏は「男っぽい料理作るね!」と評した。

 その後、冷凍食品の特長を学び、渡辺は「衛生面でも安心ですし、何より栄養価も高い」と納得。最後はエプロン姿で、冷凍食品を使った料理「つくねのチーズ焼き」「和野菜のポタージュ」の2品を作り、試食。「野菜がシャキシャキでびっくりしました」と満足そうだった。

 一方、夫でお笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤(50)がヘルニア手術後、そのストレス(侵襲)によるうつ病を発症し、今年8月から休養していたが、今月11日に復帰したことについても、囲み取材で応じた。

 渡辺は「この(休養の)2か月間はなるべく普段と同じように、本人の負担のないように。ちょうど子供たちも夏休みだったので、旅行に出かけたりとか」と“日常”を心掛けた。

 名倉の早期復帰については「本人のやりたいように、気持ちを尊重して。心配してくださる声もありますが」。この経験を経て「家族の関係が深くなった。絆が強くなったと思います」と話した。

関連記事(外部サイト)