安田章大 主演舞台初日「心に響くものがたくさんちりばめられている」

 アイドルグループ「関ジャニ∞」の安田章大(35)が15日、東京・港区の赤坂ACTシアターで主演舞台「忘れてもらえないの歌」の公開リハーサルを行った。

 1945年の終戦後の日本を舞台に、戦後の混乱を生きるために、進駐軍相手にジャズバンドを結成。ジャズにしがみついた男女の不幸な愛を描いた作品だ。

 安田は無許可で床屋を営む学生で、ギターとボーカルを担当する滝野亘役を演じる。共演の福士誠治(36)や関西ジャニーズJr.「Aぇ!group」の佐野晶哉(17)らと組んだバンドの演奏シーンでは、ジャズのスタンダードナンバー「Tiger Rag」を見事に歌ってみせた。

 安田は「見に来ていただいた方々の人生が変わるような舞台にしたいと思っています。心に響くものがたくさんちりばめられていると思うので、ご覧になった方、それぞれに感じ取っていただき、今後の人生を謳歌してもらえればうれしいです」とコメントした。

 東京公演は赤坂ACTシアターで15日から30日まで。大阪公演はオリックス劇場で11月4日から10日まで行われる。

関連記事(外部サイト)