「カントリー・ガールズ」12月のコンサートを最後に活動休止!森戸はモー娘として活動

カントリー・ガールズが12月で活動休止 森戸知沙希は引き続きモー娘。で活動

記事まとめ

  • ハロー! プロジェクトのアイドル「カントリー・ガールズ」が12月に活動休止する
  • 「アンジュルム」をメインに活動する船木結は来年3月でハロプロを卒業、芸能活動休止
  • 森戸知沙希は兼任していた「モーニング娘。’19」のメンバーとして活動する

「カントリー・ガールズ」12月のコンサートを最後に活動休止!森戸はモー娘として活動

「カントリー・ガールズ」12月のコンサートを最後に活動休止!森戸はモー娘として活動

活動休止を宣言した「カントリー・ガールズ」。左から小関舞、船木結、森戸知沙希、山木梨沙(アップフロント提供)

 ハロー! プロジェクトのアイドルグループ「カントリー・ガールズ」が12月26日に東京・渋谷区「LINE CUBE SHIBUYA」で行うコンサートをもって活動を休止することが18日、所属事務所の公式ホームページで発表された。

 同グループは2014年に「カントリー娘。」の里田まいをスーパーバイザーに迎えて結成。ももちの愛称で親しまれた嗣永桃子(芸能界引退)がプレーイングマネジャーとしてグループを引っ張る時期などを経て、現在は「モーニング娘。’19」をメインに活動する兼任の森戸知沙希(19)、「アンジュルム」をメインに活動する船木結(19)、他事務所とのコラボユニット「カレッジ・コスモス」と兼任の山木梨沙(22)に加えて、小関舞(17)の4人のユニットだったが、精力的な活動は行っていなかった。

 公式HPでは「今年になって、メンバーから、今後の活動について相談したいと話がありました」と説明。山木は芸能活動を引退、小関はハロプロを卒業し、芸能活動を継続。船木は20年3月をもってハロプロを卒業、芸能活動を休止。森戸は引き続きモー娘のメンバーとして活動する。

 今後は「カントリー・ガールズ」という名を残し、メンバーを一新し再始動することを考えているという。

 4人の決断にスーパーバイザーの里田は「カントリー・ガールズのメンバーには、カントリー娘。時代からの楽曲を引き継いで歌ってもらい、その名前を大切に守り、活動してくれたことへの感謝の気持ちでいっぱいです。まだ若い彼女たちが、自分自身でそれぞれ新たな道を選び、進んでいく決断をした事を、私は素晴らしいと思うし、絶対に応援したいと思います。ファンの皆様、今いるメンバー、そして既に卒業し、新たな道で頑張っているメンバー、携わる全ての皆様に心から感謝いたします。本当に、ありがとうございました!」とコメントを寄せた。

 ファンが多かったグループで、船木が兼任していた「アンジュルム」は今年、リーダーでカリスマ的存在だった和田彩花の卒業など、立て直しの時期だった。そこに船木の卒業が発表。ハロプロに激震が走ることは間違いない。

関連記事(外部サイト)