【東京五輪】平和の祭典で夢の合体! ANA&JALが史上初の「聖火」共同輸送

【東京五輪】平和の祭典で夢の合体! ANA&JALが史上初の「聖火」共同輸送

聖火リレー聖火到着式概要発表会に出席したサンドウィッチマンの伊達と富沢

 東京五輪組織委員会は25日、聖火リレー到着式の概要を発表し、聖火特別輸送機のデザインを公開した。

 来年3月12日にギリシャ・古代オリンピア市で採火される聖火は、ギリシャ国内で聖火リレーを行った後、同19日にアテネのパナシナイコスタジアムで引継式を実施。その後、同20日に宮城・航空自衛隊松島基地に到着する。

 注目は五輪シンボルをギリシャから日本へ運ぶのは特別輸送機「TOKYO2020号」。大手航空2社の全日空(ANA)と日本航空(JAL)がタッグを組む夢のプロジェクトだ。布村幸彦副事務総長は「なかなか歴史上ないと思う。JALさん、ANAさんが共同輸送していただける。おそらく史上初だと思います」と目を輝かせた。

 赤を基調にしたデザインは東京五輪組織委員会が考案し、協議の末に決定。聖火リレー公式アンバサダーとして壇上を盛り上げた、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の富沢たけし(45)はデザインについて「ANAさん的にはもう少し青を入れた方が…」とボケると、相方の伊達みきお(45)は「ただ空は青いですからね」とすかさずフォロー。航空業界のライバル2社の“呉越同舟”を笑いに変えた。

 発表会終了後はANAの平子裕志社長とJALの赤坂祐二社長がガッチリ握手。この奇跡のツーショットを撮ろうとカメラマンが殺到した。両サイドのサンドウィッチマンは「俺ら、いる?」と圧倒されつつも、歴史的合体を喜んでいた。

関連記事(外部サイト)