ナイトスクープ新局長・松本人志「僕が変えていいのかというのは正直ある」

ナイトスクープ新局長・松本人志「僕が変えていいのかというのは正直ある」

西田からバトンを受け継いだ松本

 お笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(56)が、ABCテレビの人気バラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」(金曜午後11時17分、関西ローカル)の新局長に就任することが25日、分かった。

 この日、大阪市内の同局で11月15日と22日放送分の収録が行われ、局長を務める俳優の西田敏行(71)が「3代目局長はこの人です」と松本を呼び込んだ。同29日の放送分から3代目局長を務める。

 収録後、2人は囲み取材に登場。西田からバトンを受け継ぐ松本は「ちょうど僕、レギュラーが一本なくなったので、渡りに船的な…」と自身が出演していたTBS系「クレイジージャーニー」の番組終了を引き合いに笑いを誘ったが、番組のコンセプトについては「これだけ完成した番組に乗っかかるのはやったことがない。ちょっと経験したことがないので、やってみないと分からないところはあるし、僕があんまり変えていいのかというのは正直ある。上岡さんから始まった番組で、僕の中では次は(島田)紳助さんと思ってた。でも、紳助さんの復帰は難しそうなので、僕が勝手に命を受けた感じで思ってます」と神妙な面持ちで語った。

 これに対し、西田は「松本さんだからできる空気感がある。乾いた笑いも濡れた感動もフィフティーフィフティーでできる唯一の人」と太鼓判を押した。

関連記事(外部サイト)