矢作萌夏がAKB48卒業発表「将来を見つめて自分のやりたいスタイルを」

矢作萌夏がAKB48卒業発表「将来を見つめて自分のやりたいスタイルを」

矢作萌夏

 アイドルグループ「AKB48」の矢作萌夏(17)が27日、MCを務めるフジテレビ系「ミライ☆モンスター」で卒業を発表。グループの公式サイトでも改めて発表され、コメントを掲載した。以下全文。

 この度、私、矢作萌夏は2月1日の握手会をもってAKB48を卒業させていただきます。

 約1年半の活動を見守ってくださったファンの皆さんには感謝と切ない気持ちでいっぱいです。

 スタッフさんは何度も引き留めてくださり、たくさん悩んだのですが、卒業させていただくことにしました。

 限られた時間の中ではグループ活動に参加できないことも多く、ファンの方々へ申し訳ない気持ちでいっぱいでずっと心苦しかったです。

 ごめんなさい。

 卒業後は、将来を見つめて自分のやりたいスタイルをやっていきたいと思います。

 ずっと一人で悩んで考えていて やっと出た思いなので、受け入れて応援してくださるとうれしいです。

 ファンの方々がたくさん応援してくださったり、握手会で温かい言葉をかけて勇気づけてくださったり、皆さんの笑顔を見られるたびに幸せでした。

 感謝してもし切れませんし、その思いは忘れません。

 皆さんのことは絶対に一生忘れません。

 残り少ない日数ですが、最後までよろしくお願いします。

 そしてこの先もAKB48の応援をよろしくお願いします。

 本当にありがとうございました。

 込山チームK 矢作萌夏

 矢作は昨年1月に行われた「第3回AKB48グループドラフト会議」で、1巡目指名でAKB48チームKに加入。最新シングル「サステナブル」では、加入からわずか1年半でセンターに抜てきされた。

 なお、AKB48劇場での卒業公演は未定で、詳細が決まり次第、公式サイトで発表するという。また、最後の握手会参加は2020年2月1日にインテックス大阪で行われる「サステナブル」劇場盤発売記念大握手会となる。

関連記事(外部サイト)