八千草薫さんがすい臓がんで死去 「宮本武蔵」「岸辺のアルバム」など

八千草薫さんがすい臓がんで死去 「宮本武蔵」「岸辺のアルバム」など

八千草薫さん

 映画「宮本武蔵」やテレビドラマ「岸辺のアルバム」など多くの作品に出演し、舞台でも活躍した女優・八千草薫(本名・谷口瞳)さんが24日午前7時45分、すい臓がんのため都内の病院で死去した。88歳だった。所属事務所が公式サイトで発表したもので、通夜・告別式は近親者により、すでに執り行われ、故人の希望でお別れ会などの予定もない。

 1947年に宝塚歌劇団に入団し、清純派の娘役として活躍。在団中の51年に「宝塚婦人」で映画デビューし、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した54年の「宮本武蔵」でお通を演じて、人気を確実なものにした。その後も日伊合作の「蝶々夫人」や「雪国」、特撮ものの「ガス人間第一号」、さらには「男はつらいよ 寅次郎夢枕」など多数の映画に出演した。

 晩年も映画出演に意欲的だったが、今年2月にがんを公表し、治療に専念していた。

関連記事(外部サイト)