川崎麻世との離婚裁判結審 カイヤ「怖くなっちゃって」顔合わせず

川崎麻世との離婚裁判結審 カイヤ「怖くなっちゃって」顔合わせず

取材に応じるカイヤ

 俳優の川崎麻世(56)と妻でタレントのカイヤ(57)の離婚裁判が28日、東京家裁で行われた。

 この裁判は、昨年10月に麻世が離婚を求めて起こしたもの。当初は離婚を拒否していたカイヤだが今年6月、麻世と同様に離婚を求めて反訴した。両者ともに離婚したいと思っているなら話は早そうだが、カイヤは「長年にわたって精神的苦痛を受けた」として2000万円の慰謝料を求めており、簡単に結論が出ないのが実情だ。

 この日は2人とも出廷したが、法廷に麻世が現れる前にカイヤが体調不良を訴えて法廷を出たため、直接顔を合わせることはなかった。お互いの主張も真っ向から対立している。

 裁判は午前中から午後5時30分まで行われた。終了後、取材に応じたカイヤは「整理できてないけど、長い一日でした」とグッタリした様子。これまではずっと「離婚はしない」と言い続けてきたが、反訴した理由については「分かんないことがいっぱい出て…。ホントに私の家族、捨てられたなと感じました。最初は麻世に『離婚しないから大丈夫』と言われたんですよ。でもウソつかれて…」。

 また法廷で麻世と顔を合わせなかったことについては「会おうと思ったんですけど、怖くなっちゃって。心臓バクバクになって会えなかった」と話した。

 裁判はこの日で結審し、来年2月3日に判決が言い渡される。

関連記事(外部サイト)