RG 細川たかしになりきって弟子・杜このみの結婚祝福「年賀状しっかり書いて」

RG 細川たかしになりきって弟子・杜このみの結婚祝福「年賀状しっかり書いて」

リーチ・マイケルに扮して登場したRG

 芸人アイドルグループ「吉本坂46」の2期生オーディション1次審査合格者発表会が29日、東京・新宿の吉本興業東京本部で行われ、301人(吉本スタッフ40人を含む)が合格した。

 ラグビーW杯関連の仕事に引っ張りだこで、予選に応募しなかった「レイザーラモン」RG(45)は、ラグビー日本代表、リーチ・マイケル主将(31)のものまねで登場。日本代表のチームソングを替え歌で「この道ずっと行けば〜吉本坂に入れる気がする〜ビクトリーロード」と歌い、メンバー入りを目指す合格者に気合を入れた。

 リーチ主将のものまねがすっかり板についてきたRGは「この間、お祭りの営業に行ったら、子供たちから『リーチ!』と声をかけられた。リーチさんが行けないところに僕が代わりに行っている」などと、リーチ主将の“影武者”として、ラグビーの認知度アップに貢献していることを明かした。

 さらには、その格好のまま大御所歌手・細川たかし(69)のものまねキャラ・こぶしたかしとして、細川の弟子の歌手・杜このみ(30)が、大相撲の大関・高安(29=田子ノ浦部屋)と結婚することについて「本当におめでとうございます!」と祝福。「結婚したら年賀状が増えがちなので、しっかり書いたほうがいい〜」と、こぶしを利かせてアドバイスを送った。

 2次審査は11月8〜17日に30秒の自己PR動画をSNSで公開し、ポイント上位150人が合格する。これらの模様は「吉本坂46が売れるまでの全記録」(テレビ東京系、火曜深夜2時5分)で放送される。

関連記事(外部サイト)