ナダル ステマ疑惑を否定「仕事として受けている」「何も悪いことしていません」

コロコロチキチキペッパーズのナダル"ステマ疑惑"否定 京都国際映画祭巡りミキ騒動に

記事まとめ

  • コロコロチキチキペッパーズのナダルが、ミキの“ステマ疑惑”に関連し疑惑を否定した
  • ナダルは問題について尋ねられると「もう、ええて。何も悪いことしていません」と主張
  • 吉本は、闇営業問題に続き、チュートリアル徳井義実の申告漏れ・所得隠しも発覚

ナダル ステマ疑惑を否定「仕事として受けている」「何も悪いことしていません」

ナダル ステマ疑惑を否定「仕事として受けている」「何も悪いことしていません」

「コロコロチキチキペッパーズ」のナダル

 芸人アイドルグループ「吉本坂46」の2期生オーディション1次審査合格者発表会が29日、東京・新宿の吉本興業東京本部で行われ、301人(吉本スタッフ40人を含む)が合格した。

 注目の合格者はお笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」のナダル(34)だ。28日に京都新聞が報じた漫才コンビ「ミキ」の“ステマ疑惑”に関連したとして名前が挙がっている。

 京都市が2018年度、「京都国際映画祭」のPR目的で吉本興業と結んだ業務委託契約を問題視したもの。地元出身で多くのSNSフォロワーを持つミキが、映画祭関連のツイート2回で100万円を受け取った。ミキの「1回50万円ツイート」はPRの表記がなく、ステルスマーケティングの可能性が指摘されている。

 闇営業問題で表面化したように、コンプライアンスという概念が完全に欠如したブラック企業に対し、自治体が巨額の公費をつぎ込むのは狂気の沙汰といわざるを得ない。このところ吉本は、闇営業問題に続き、お笑いコンビ「チュートリアル徳井義実(44)の申告漏れ・所得隠しが発覚するなど、違法行為の総合商社と化している。

 ナダルは問題について尋ねられると「もう、ええて。仕事として受けているので。何も悪いことしていません。子供が生まれて食わさなあかん。何でも受けていかないと」と“潔白”を主張。会社から振られた“仕事”をこなしただけだと訴えた。

 会見には安倍首相のものまねで知られるお笑いコンビ「ビスケッティ」の佐竹正史(37)、「野性爆弾」ロッシー(44)、「キャベツ確認中」のしまぞうZ(41)らも出席した。

 2次審査は11月8〜17日に30秒の自己PR動画をSNSで公開し、ポイント上位150人が合格する。これらの模様は「吉本坂46が売れるまでの全記録」(テレビ東京系、火曜深夜2時5分)で放送される。

関連記事(外部サイト)