【NGT48訴訟】山口真帆 出廷やむなし?ファンとの「つながり」物的証拠出た

【NGT48訴訟】山口真帆 出廷やむなし?ファンとの「つながり」物的証拠出た

報道陣の質問に答える遠藤和宏弁護士

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の元メンバー・山口真帆(24)への暴行事件をめぐり、運営会社・AKSが暴行容疑で逮捕され、不起訴となった男性ファン2人に対して損害賠償を求めた訴訟の弁論準備手続きが28日、新潟地裁で行われた。準備書面で山口とは以前から“つながり(私的交流)”があったと主張していた被告側は、複数の物的証拠を提出。AKS側の代理人弁護士は、山口側に証人としての出廷を求める方向であることを明かした。

 9月の進行協議で、被告側は山口への暴行を否定。山口とは以前から“つながり”があったと主張していたが、今回の弁論準備手続きで、数点の“つながり”を示す物的証拠も提出した。

 終了後、報道陣の取材に応じたAKS側の代理人である遠藤和宏弁護士は「被告からは準備書面と陳述書、物的証拠が提出されました。物証は数点で10はいかない。我々原告の立場として、すごい証拠が出たね、分かりましたとは言えない立場。ただ、証拠能力を否定するものではない」と一定の価値を認めた。具体的な内容については「詳しいことは被告の準備書面閲覧でご確認ください」とした。

 また、被告側は陳述書で事件に関与したとしてメンバー数人の名前を挙げたが、これは事実ではなかったことを認めたという。

 昨年12月の事件当日に山口が帰宅した際、自宅マンションの向かいの部屋から被告らが出てきた点にも、その部屋に住んでいたメンバーは同年7月に退去し、事件時は被告が借りていたと主張。証拠となる賃貸記録についても「(被告から)出されている」とした。

 被告がつながっているとして提出された物証について「山口さんが見れば判断ができるもの?」と聞かれると、「そうですね。そういったところはある」と認めた。

 こうなると、被告の主張に対する山口側への聞き取りの必要性が増してきた。遠藤弁護士は証人として山口の出廷について「そういったことも視野には入れている。それには本人のご了解やお立場もあると思うので、慎重に判断しながら検討したい」と、今後の裁判に証人としての出廷を求める方向を明かした。

「裁判の争点は完全に山口さんとのつながりに移っているのでは?」という質問も飛んだが、遠藤弁護士は「そういった見方もできるかもしれない。暴行があったかどうか自体にもつながってくるので」と否定せず。「山口の証言がないと次に進めないのでは?」という問いには「そういう見方もできる」と答えた。

「混迷を極める事態に、地元メディアの間からも『いったい真相はどうなのか』という声が噴出しており、被告らの主張に対して、山口側が何らかの発信をしてほしいという声が上がっている。また、(5月にグループ卒業後)女優として芸能界で生きていく山口にとっても、被告側の主張を否定しないと、ドラマや映画などで起用しづらい。山口と被告らがつながっていることが事実で、決定的な証拠が出たら…。山口を起用する側もリスクが高いですから」(芸能プロ関係者)

 今後、被告らのこうした主張に山口サイドが応えることはあるのか。また、山口自身が法廷の場に立つことはあるのか。

 次回は11月25日に非公開の弁論準備手続きが行われる。このままなら裁判で結論が出るのは越年になることが決定的だが、山口の出廷も現実味を帯びてきた。

関連記事(外部サイト)