杉咲花 20年度後期の朝ドラヒロインに!「ご飯の時間を大事にしたい」

杉咲花 20年度後期の朝ドラヒロインに!「ご飯の時間を大事にしたい」

ヒロインに決まった杉咲花

 女優・杉咲花(22)が30日、2020年度後期NHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」(来秋スタート)のヒロインに決定し、大阪市のNHK大阪放送局で行われた発表会見に登場した。

 16年度前期の「とと姉ちゃん」以来、2度目の朝ドラ出演となる杉咲は、大阪・南河内の貧しい家に生まれ、9歳の時に女中奉公に出された道頓堀で、芝居の魅力に取りつかれ、女優の道に飛び込んだ竹井千代を演じる。制作統括の桜井壮一氏によると、夫・2代目渋谷天外を支え、松竹新喜劇の看板女優として活躍した女優・浪花千栄子さんがモデル。杉咲は17歳〜40代を演じるという。脚本は大ヒットドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」(ともにTBS系)を手掛けた八津弘幸氏が務める。

 8月にNHKからオファーを受けた杉咲は「(事務所関係者に)『朝ドラ決まりました』と言われ、一瞬何のことか分からなくてパニックみたいになったのですが、こんな日が来たんだと思って、うれしくてちょっと泣いてしまいました」。喜びの声を母で歌手のチエ・カジウラに伝えたところ「『えっ?えっ?あ〜、良かったね〜』って本当に喜んでくれて…。それが一番うれしかったです」と笑った。

 浪花さんについては、自伝やNHKアーカイブに残っていたラジオドラマを聞いてイメージ作りしており「覚悟を感じます。生きることに対しての力強さや、波瀾万丈の人生をポジティブにとらえながら進まれている様子がすてきです。ラジオの声を聞いて上品な方とも感じました」と話した。

 来年4月から、10か月近くに及ぶ長期撮影に入るが「トレーニングはしてないです。でも、体力には割と自信があります。私はご飯が食べられたら元気が出るので、ご飯の時間を大事にして頑張りたいです。今、食べたいものですか? たこ焼きです!」とクランクインが待ち遠しい様子。「見てくださる皆さんにとっての大事な15分を、明るくてパワーをもらえるようなひと時にできるように、波瀾万丈な人生を前向きに乗り越えていく千代さんを一生懸命演じられるよう頑張りたい」と意気込んだ。

関連記事(外部サイト)