純烈・酒井一圭 2年連続紅白出場へ「神のみぞ知る、天命を待つ思い」

純烈・酒井一圭 2年連続紅白出場へ「神のみぞ知る、天命を待つ思い」

左からくまだまさし、「純烈」、丸高愛実

 4人組歌謡グループ「純烈」が11日、東京・江東区の「東京お台場 大江戸温泉物語」で行われた「ウインターイルミネーション Alice in the wonder garden 点灯式」に出席した。

 4月にリニューアルオープンした同所の「足湯庭園〜おもてなしの庭〜」に「不思議の国のアリス」をモチーフにした、ウインターイルミネーションが点灯された。

 初めての点灯式に、リーダー・酒井一圭(44)は「なんか皆でボタン押すとかテンション上がる。去年の紅白出場後、こちらに来させていただいた。もし今年も出られたなら、今年も(出場後に)ここに来たい」と語った。

 19日には、NHK総合の音楽番組「うたコン」に出演予定。MCが「この時期にNHKの番組に出場するということは、今年の年末のNHK紅白歌合戦への出場もあり得るのではないか?」と指摘すると、酒井は「いやいや、そんな油断は。発表されるまで分からないですね」と話した。

 さらに「去年はいろんなことがあったけど全国の皆さんに支えてもらって。ここまできたんだったら今年も出場させてもらって。ここまできたら、神のみぞ知る、天命を待つ思い」と2年連続でのNHK紅白歌合戦出場にかける思いを語った。

 イルミネーションは2020年2月29日まで開催される。

関連記事(外部サイト)