TOKIO城島 NHKあさイチで「たこ焼きはハダカがいい」

TOKIO城島 NHKあさイチで「たこ焼きはハダカがいい」

博多華丸(左)と博多大吉

 TOKIOのリーダー・城島茂(48)が12日、NHK朝の情報番組「あさイチ」に出演し、“食のこだわり”を明かした。

 城島は「ハレトケキッチン」コーナーのゲストとして登場。気鋭の料理人3人による旬の「もみじ鯛」の絶品料理を堪能した。レギュラー番組の日本テレビ系バラエティー「ザ!鉄腕!DASH!!」で慣れているからか、タレント離れした知識も披露。的確な食レポに司会の博多華丸・大吉らは驚きの表情を見せた。

 番組では城島の“こだわり”を紹介。一番目は「たこ焼きはハダカがいい」。関西出身の城島は「ソースなどつけずにそのまま食べるのが一番。皮、たこなど素材そのままのうまさが味わえる」と説明した。次は「ポン酢は自家製に限る」として、城島が家庭で作る自家製ポン酢をスタジオで作った。素材は橙(だいだい)、昆布しょう油、ダシを混ぜ、手の甲につけ味見をすると「うん」と納得の表情。城島オリジナルポン酢をかけた湯豆腐を出演者にふるまい、本職をうならせた。

 城島は「ご家庭で作る場合は、橙でなくても柑橘系であればいいです。橙なんで大体…」と親父ギャグを織り交ぜて笑いを誘った。

 クリスマス向けのコーナーでは、モールを使ったモコモコでキュートなクマの飾り作りに挑戦。苦戦する華丸・大吉を尻目に手先の器用さを見せつけた。「図工は苦手でしたが、大人になってからやるようになりました。工作というより自然のものを使うんですが…」とDASH効果をアピールした。

関連記事(外部サイト)