一茂 巨人に入る方法をちびっ子に伝授「とにかくジャイアンツに入るんだ!とイメージする」

一茂 巨人に入る方法をちびっ子に伝授「とにかくジャイアンツに入るんだ!とイメージする」

上原浩治氏(左)と長嶋一茂

 元プロ野球選手の上原浩治氏(44)、タレントの長嶋一茂(53)が12日、東京・港区のスターライズタワーで行われた「ウブロ×プレミア12 チャリティーイベント」に登場した。

 元巨人の2人だが、顔を合わせるのは「何かのインタビュー以来かな?」(一茂)と久々だという。開催中の野球国際大会「第2回プレミア12」で公式タイムキーパーを務める「ウブロ」の高級時計を身につけての登場だったが、「オレはあんまり時計に詳しくないんだよ」と早速“一茂節”を炸裂させた。

 イベントでは16人の野球少年、少女たちに指導が行われたが、一茂は「おじさんは野球が得意じゃないからね。野球のことはメジャーリーガーの上原さんに聞いてね」と笑いを取った。

 それでも、守備練習の場面では「先にグローブを下から出して! 守備はずっと基礎をやっていかないといけない。メジャーだって基礎しかやってない。正面で捕ることができて応用ができる。僕も昔、ちょっとだけ(野球を)かじったことがあるんでね」と熱血指導だった。

 さらに、イベントでは今年、甚大な台風被害が遭った千葉県の野球少年、少女たちを支援するために的当て形式でのチャリティーゲームも行われた。その結果「180万円」が、ウブロから「NPO法人千葉県少年野球連盟」に寄付されることになった。

 トークショーでは「プレミア12」に話題が及び、上原氏が「とにかく勝てばいい。勝つということが大事なので」とエールを送ると、一茂は「急造チームですが、少しずつ連係が取れてきている。最後の韓国戦にどうやって(コンディションを)合わせてくるのか楽しみです」と話した。

 子供からの質問タイムで「どうしたら巨人に入れますか」と聞かれると、上原は「スカウトの人と仲良くしましょう」と冗談を言いながらも「とにかく野球を頑張ること。自分を高めることです」と真剣なアドバイス。一茂は「とにかくジャイアンツに入るんだ!とイメージすること。毎日思い続けることが大事」と力を込めた。

関連記事(外部サイト)