加山雄三が退院「脳梗塞の後遺症は一切なし」医師と相談しながら活動再開

加山雄三が退院「脳梗塞の後遺症・障害は一切なし」 医師と相談しながら活動再開へ

記事まとめ

  • 8日に軽い脳梗塞を発症し入院した加山雄三(82)が、19日に退院したと公式サイトが発表
  • 加山は脳梗塞による後遺症・障害は一切ないと診断され、芸能活動を再開すると報告した
  • 当分の間は、再発の恐れもあるため、医師との相談のもとに活動していくという

加山雄三が退院「脳梗塞の後遺症は一切なし」医師と相談しながら活動再開

加山雄三が退院「脳梗塞の後遺症は一切なし」医師と相談しながら活動再開

退院した加山雄三

 今月8日に軽い脳梗塞を発症し、入院していた歌手・加山雄三(82)が19日に退院していたことが20日、分かった。公式サイトが発表した。

 サイトでは「昨日11/19夕方に無事に退院することが出来ました。検査の結果、脳梗塞による後遺症・障害は一切ないと診断されましたので、芸能活動を再開して参りたいと思います」と報告。ただ「当分の間は、再発の恐れもあるため、医師との相談のもとに活動していくこととなります」としている。

 退院にあたり「すでにキャンセルや延期してしまった仕事もございます。関係者の皆様やファンの皆様には大変なご迷惑とご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 加山サイドは12日に点滴加療を目的入院中であることを公表。16日の埼玉・大宮公演、28日の北海道・札幌公演を延期している。

関連記事(外部サイト)