ゴージャス松野「モデルジャパン」無念4位 来年こそ!と即再始動

ゴージャス松野「モデルジャパン」無念4位 来年こそ!と即再始動

4位に終わった松野

 肉体美を競うコンテスト「モデルジャパン」日本大会に出場したプロレスラーで歌手のゴージャス松野(58)だったが、優勝には届かず4位に終わった。大会翌日からさっそく練習を開始し、来年に向けて動きだしたことを本紙に明かした。

 あの離婚騒動で大バッシングを浴びた時も流さなかった悔し涙が、大会当日深夜にこぼれ落ちた。松野は17日、「ベストボディ・ジャパン」と同系列のコンテスト「モデルジャパン2019」日本大会のゴールドクラス(50歳以上)に出場。8月に東北大会で準グランプリとなり、優勝を誓って臨んだ全国大会だったが、23人中4位という結果だった。

「優勝と言ってきただけに複雑です。悔しくて夜中、目が覚めて寝られませんでした。ホテルのベランダで泣きました。離婚騒動でも泣かなかったのに…」
 ただ松野がコンテスト出場を目指して、本格的に肉体改造に取り組んだのは、今年に入ってから。初出場で地方予選を勝ち抜き、全国大会4位というのは立派な結果だろう。本人もそのことはよく分かっており、悔しさを感じると同時に「いい目標ができました。もちろん来年の大会にも出場するつもりですし、今年よりいい結果を残したい。来年こそは優勝したいです」。

 この言葉を“証明”するように、なんと大会翌日から休むことなく、練習を開始したのだ。プロレスでも試合翌日は必ずオフと決めている松野にすれば、異例中の異例だ。それほど来年の大会にかける思いが強いということ。

 松野は「同世代の人たちに元気と勇気と夢を与えられるように頑張りたい」。何事も始めるのに遅すぎることはない――。50代にして新たなチャレンジをする松野の姿に元気づけられる人も多いだろう。

関連記事(外部サイト)