NHK「麒麟がくる」沢尻容疑者の代役・川口春奈は大河ドラマ初出演

NHK「麒麟がくる」沢尻容疑者の代役・川口春奈は大河ドラマ初出演

川口春奈

 合成麻薬「MDMA」を所持したとして女優・沢尻エリカ容疑者(33)が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受けて21日、NHKは同容疑者が出演予定だった大河ドラマ「麒麟がくる」(2020年1月5日放送開始)の代役を川口春奈(24)が務めると公式サイトで発表した。

 主要キャストである斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)を演じる川口は大河ドラマ初出演。すでに十数話を撮り終えていたが、沢尻容疑者の逮捕でNHKは撮り直しの意向を示し、代役が誰になるか注目されていた。

 川口は07年、雑誌「ニコラ」の専属モデルとして芸能界デビュー。代表作に映画「九月の恋と出会うまで」「一週間フレンズ。」「にがくてあまい」「好きっていいなよ。」 テレビドラマに「ヒモメン」「イノセンス」「愛してたって、秘密はある。」がある。

関連記事(外部サイト)