“飲み会にすぐ200人集められる男”謎の歌手「abe gakk」の正体

“飲み会にすぐ200人集められる男”謎の歌手「abe gakk」の正体

東スポ本社を訪れたabe gakk

 フェイスブックの友達が5000人、飲み会を企画すればすぐに200人を集められるという人脈自慢の“謎のボーカリスト”abe gakk(あべ・がく=年齢非公表)が先日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れ、前代未聞のライブ告知を行った。

 ロン毛にサングラスという、見るからに怪しい風貌だが、2017年にキングレコードからオリジナル曲「epilogue」でメジャーデビューしている本物のボーカリストだ。

「学生のころから『BOOWY』が大好きで、ロックを中心に音楽活動を続けてきたんですが、僕の我の強さが原因なのかバンドは空中分解…。そこからはソロで活動しています。オリジナルを歌いますが、とにかくBOOWYが好きなのでカバーライブもやってます」

 自分の歌を多くの人に聴いてもらいたい思いから、地道な営業活動を続けていたところ強大な人脈ができたそうで「飲み会を企画すればグラドルやモデルから、医師や弁護士など、あらゆる職種の人がすぐに200人は集まりますね」と豪語。

 著名人では、お笑い芸人のエスパー伊東や「電撃ネットワーク」の南部虎弾、楽しんごと交流があるという。

 ライブでは自ら会場探し、設営まで行うなど、音楽に対する真摯な姿勢は業界関係者からも高く評価されている。面白いのはライブの予約を本人の携帯電話で受け付けていること。メジャーデビューした歌手とは思えない方法だが「知らない番号からの電話だって全然出ますよ!」と白い歯を見せた。

 バースデーライブは11月29日(金)、東京・池袋のライブハウス「池袋Hoteyes」で午後6時半スタート。前売り券3500円、当日券4000円(1ドリンク別)。第1部がBOOWYライブ、第2部がオリジナル。予約は本人の携帯電話(070・6552・2075)もしくはLINE ID「abegakk」まで。怪しげなライブだが、BOOWYファンでなくてもちょっとのぞきたくなるかも!?

関連記事(外部サイト)