矢沢永吉が体調不良で福岡公演中止 47年の歌手生活で初めて

矢沢永吉が体調不良で福岡公演中止 47年の歌手生活で初めて

矢沢永吉

 歌手・矢沢永吉(70)が、24日にマリンメッセ福岡で開催する予定だった「EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2019『ROCK MUST GO ON』」公演を体調不良のため中止した。

 公式サイトで発表したもので「矢沢永吉の体調不良(喉)により急遽中止せざるをえないこととなりました」と説明。「チケットをご購入され、ライヴを心待ちにしていただいております皆様には、多大なるご迷惑とご心配をお掛けいたしますことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 サイトでは「矢沢永吉は歌手生活47年、ライヴ開催に於いて一度たりとも自身の体調を理由に公演を中止することはありませんでした」とした上で「今回も当然のことながら人一倍の体調管理、警戒をし、皆様に最高の状態でライヴを楽しんでいただけるよう万全を期して臨んでおりましたが、札幌公演以来喉の状況が思わしくなく、本日もぎりぎりまで出来る限りの対応・治療を全て受け、なんとか開催できるように進めましたが回復が見られず、断腸の思いで本日福岡公演を中止させていただく決断をいたしました」と経緯を説明した。

 チケットの払い戻しなどの対応については「対応方法確定後、公式HPにて追って報告致します」としており、今後は「11/27浜松アリーナ公演に関しましては、11/26(火)18:00までに最終決定させていただきたいと思います。誠に申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます」と理解を求めた。

関連記事(外部サイト)