ミス・インターナショナル日本代表にOLの寺内千穂さん 仕事継続は「部長に相談」

ミス・インターナショナル日本代表にOLの寺内千穂さん 仕事継続は「部長に相談」

岡田朋峰さん(左)に祝福される寺内千穂さん

「2020ミス・インターナショナル日本代表」選出大会が26日、都内で行われ、栃木出身の広告代理店勤務・寺内千穂さん(26)が代表に選ばれた。賞金は100万円。「ミス・インターナショナル」は「世界3大ビューティーコンテスト」の一つと称される。46人のファイナリストの中から日本代表に決まった寺内さんは「実感がないのが正直なところ」と語った。

 フジテレビ・永島優美アナウンサー似のエキゾチック美女。航空会社の客室乗務員から現職に転じたバリバリのOLだ。「ミス・ユニバース・ジャパン」に挑戦した経験もあるが、芸能活動歴はなく「26歳の普通の社会人」を自認する。代理店業務とミスコン挑戦の両立は難しかったそうで、朝5時起床、深夜1時就寝の生活が1か月ほど続いたという。

 将来的な芸能活動の挑戦には「グランプリになったばかりで、まだ考えていない」と首を横に振る。代理店の仕事を今後続けるかは「明日(27日)出社して(部長に)相談する」と笑った。

 来年の世界大会は60回の節目。「東京五輪が開催される記念すべき年。歴史と伝統をしっかり受け継ぎ、精進することを約束する」と誓った。

 今大会では「ファンファン」の愛称で親しまれた俳優でタレントの故岡田眞澄さんの長女で、前年のミス・インターナショナル日本代表・岡田朋峰さんがプレゼンターを務めた。

関連記事(外部サイト)