羽賀研二被告と元妻 初公判で強制執行妨害等の起訴内容を否認

羽賀研二被告と元妻 初公判で強制執行妨害等の起訴内容を否認

羽賀研二被告

 強制執行妨害などの罪で起訴された元タレントの羽賀研二被告(本名・当真美喜男=58)と、元妻で会社役員の当真麻由被告(42)の初公判が、27日に那覇地裁で開かれた。

 羽賀被告らは、詐欺事件で約4億円の賠償金の支払いが発生。ところが、差し押さえを免れようと、自身が所有する不動産などを協議離婚による財産分与を装って元妻に譲渡した罪に問われている。

 検察側は、離婚届の提出前後も両被告が夫婦関係にあったことを指摘。離婚に伴う財産分与を仮装して、不実な登記を行ったと主張している。一方、2人は偽装離婚ではないとして起訴内容を否認。来年3月に判決が言い渡される。

関連記事(外部サイト)