草なぎ剛 ギター歴7年でも「Fのコードが押さえられない」

草なぎ剛 ギター歴7年でも「Fのコードが押さえられない」

ギターイベントを行った草なぎ

 新しい地図の草なぎ剛(45)が28日、東京・世田谷区の昭和女子大学人見記念講堂で行ったギターイベント「草なぎ剛のはっぴょう会」終了後、囲み取材に応じた。

 報道陣を前にアーティストとの爆笑裏話を披露。初日ゲストのユニコーン・奥田民生(54)からは「奥田さんからは『お前、45歳にもなって、弾き語りもしたことないのか? 遅すぎるだろ!』と言われちゃいました」と草なぎは苦笑い。

 また、自身のギターテクニックについても「7年間ほぼ、毎日続けているんですが、いまだに『F』のコードが押さえられないんです。1日目は間違えて、それが悔しくて! でも2日目は、ちゃんと課題としてクリアしました」とまだまだ、伸びしろを残しているという。

 曲作りについて聞くと「言葉遊びが好きなんですよ。なんとなく、フレーズをはめ込んでいくような感じですかね。向いているかもしれない」と明かした。

 この日は新しい地図の仲間である、稲垣吾郎(45)、香取慎吾(42)も来場していたそうで「感想はこれからです!」と2人と顔を合わせるのを楽しみにしていた。

関連記事(外部サイト)