神田沙也加に“不倫疑惑”浮上 ブログで発表・離婚成立時期に重大疑問

神田沙也加に“不倫疑惑”浮上 ブログで発表・離婚成立時期に重大疑問

母と同じく“バツ”がついた沙也加

 俳優神田正輝(68)と歌手松田聖子(57)の長女で、女優の神田沙也加(33)が離婚を発表し、波紋を呼んでいる。恋多き母と同じく“バツ”がついたわけだが、最大の注目ポイントは離婚届が提出された時期だ。というのも、沙也加には「嵐」のバックダンサーを務めた経験を持つジャニーズジュニアとの不倫疑惑が浮上していて――。

 2017年4月に俳優村田充(むらたみつ=42)との結婚を発表した“2世女優”が、夫婦関係にピリオドを打った。

 沙也加は4日、自身のブログで「離婚しておりました事をご報告いたします」と公表。破局の理由は、子供を持つことに対する考えや価値観の不一致などとした。双方の仕事面を考えて来年1月の離婚報告を考えていたが、5日発売の週刊誌「女性セブン」の取材を受けて急きょ4日に“解禁”したという。前作に続いてアナ役の声優を務めるディズニー映画「アナと雪の女王2」が大ヒットしている中での衝撃的な発表となった。

 離婚の成立時期には触れておらず、村田が4日、自身のブログで「今年の夏、二人で円満に離婚届を作成し、離婚に双方合意をいたしました」と記した。

 この記述では離婚の成立時期が判然としない。ここで沙也加に不倫疑惑が急浮上する。

 女性セブンによれば、ラブラブだったはずの2人は今年に入ってすれ違いが生まれたという。沙也加は、「MADE(メイド)」というジャニーズジュニアのグループの一員である秋山大河(27)と7月の舞台で恋仲役で共演して意気投合。ちなみに、メイドは嵐のバックダンサーを務めたキャリアがある。

 同誌はまた、沙也加は10月ごろ、村田と同居していた家を飛び出して1人暮らしを開始、11月には深夜に秋山のもとを訪れたとも報じている。

 夏に離婚届を作成し、10月まで同居していた? 芸能関係者は「実は、離婚届を出したのは最近、またはまだ出していないとの情報も流れている。だとしたら秋山との関係に不倫疑惑が出てくる」と証言する。

 秋山との関係が離婚後ならともかく、届け出前だとしたら、確かに「不倫」になるが…。

 本紙は沙也加の所属事務所に複数回電話したが、つながらず。村田の担当者を直撃した。

 ――村田さんのブログには「今年の夏」とある。何月だったのか

 担当者:ブログに書いてある通りです。

 ――「まだ離婚届を提出していない可能性がある」と複数の関係者から聞いた

 担当者:分からないです。

 村田は沙也加との結婚公表後の17年9月、休業を発表し、その理由について翌10月、「耳の病」であることを報告している。

 前出担当者によれば、2年たった今も「休業中」。東京・下北沢の駅前劇場で公演される舞台(18〜23日)には予定通りに「出演します」とのことだが、正式な復帰時期は未定という。

 沙也加の不倫疑惑を打ち消すために、村田が夫として最後の情けで「今年の夏」と記したのか。こんなグレーな不穏情報をシャットアウトするためにも、もう少し“ありのまま”で説明してほしいが…。

関連記事(外部サイト)