西野七瀬 初の声優ヒロインに「監督から声質を褒めてもらってうれしかった」

西野七瀬 初の声優ヒロインに「監督から声質を褒めてもらってうれしかった」

舞台あいさつを行った(前列左から)花澤香菜、小藪、西野、茅原実里ら。後列左は糸曽賢志監督

 元乃木坂46の西野七瀬(25)が6日、都内で行われたアニメ映画「サンタ・カンパニー〜クリスマスの秘密〜」「コルボッコロ」(ともに糸曽賢志監督)の公開記念舞台あいさつを行った。西野は後者の主演声優を務める。

 西野は、最初にあいさつした吉本新喜劇の小籔千豊(46)がのっけからしゃべりまくったため、どう話していいかわからず戸惑うばかり。

 前者でトナカイ役を演じた小籔は「声優の部分で足りなかった分をここで取り戻したい、何とか記事にしてもらって貢献したいと思い、しゃべりすぎてしまった」と謝罪した。

 アニメ好きで知られる西野は、これが声優として初のヒロイン。「私が出せる中では一番高めの声だったので、演じるうちに無意識に低くなる。それをずっと監督から指摘された。ただ、声質を褒めてもらってうれしかった。あと、収録は立ちっぱなのでヒザが痛くなった。毎回やっている声優さんはすごいなと思った」という。

 糸曽監督は「西野さんは頑張り屋で、ものすごく努力されていた。頭が下がった」と、プロ意識の高さを絶賛。共演の小見川千明(30)は「大ファンで、フォトブックも買った」と“西野愛”を告白し、西野も満足げな笑みを浮かべた。

 そんな人気者は「毎年12月は歌番組が多くて、スタッフに買ってきてもらったお肉やおすしを、楽屋で皆で食べるのが恒例だった」と昨年までのアイドル活動を振り返り「幼いころはサンタを見たくて頑張って起きようと挑戦したが、いつも寝てしまった。兄が『俺は見たよ』と言うので『どんなんやった?』と聞いた覚えがある」とクリスマスの思い出を語った。

 この日は平日の午前中にもかかわらず、熱心な西野ファンが多く駆け付け、相変わらずの人気の高さを感じさせた。流行語大賞にノミネートされたドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)ではサイコパスを演じ切り、ソロとしてロケットスタートを切っている。

 小籔は「僕がしゃべりすぎてしまったので『ななせちゃーん!』という声援を聞くと心が痛い。好きな食べ物でも聞きますか」と詰めかけたファンのためにサービス質問し、西野は「うどん。きつねうどんが一番好き」と回答。小籔は「大阪ですねえ」と同郷の西野のベタな答えに感心していた。

 イベントには人気声優の花澤香菜(30)、茅原実里らも出席した。

関連記事(外部サイト)