沢尻エリカ被告 初公判早ければ来年1月中旬

沢尻エリカ被告 初公判早ければ来年1月中旬

沢尻被告

 合成麻薬MDMAなどを所持した麻薬取締法違反罪で6日に起訴、保釈された女優・沢尻エリカ被告(33)。保釈されると自宅には戻らず、東京・新宿区内の総合病院に入院した。同病院には、麻薬を含めた治療を行う専門科があるため、このまま入院するか、あるいは通院するとみられる。

 ただ、同被告はこれまでの取り調べで「10年以上前から違法薬物を使用していた」「MDMAだけではなく、大麻やLSD、コカインを使ったことがある」と供述していることから、重度の依存状態にある可能性が高い。それだけに、有名な薬物リハビリ施設「ダルク」など、今後依存症に特化した別の施設に移ることも考えられる。

 法曹関係者は「清原和博さんや、ピエール瀧さんもそうですが、違法薬物で逮捕された方は、保釈されると、一定期間治療に専念するのが通例です。純粋に薬物を克服する目的もありますが、そうすることで再犯しない意思を裁判官にアピールすることになりますからね。当然判決にも好影響があります」と話す。

 初公判は来年1月中旬から2月ごろになる見込み。沢尻被告は、法廷でどんなことを証言するのだろうか。

関連記事(外部サイト)