蝶野正洋が月亭方正に「売名行為だ!」と激怒 大みそかは大惨事の予感?

蝶野正洋が月亭方正に「売名行為だ!」と激怒 大みそかは大惨事の予感?

がっちり握手する蝶野と松井氏

 プロレス界の“黒のカリスマ”蝶野正洋(56)が9日、インテックス大阪で開催中の「第11回大阪モーターショー」で、大阪市の松井一郎市長(55)とトークショーを行った。

 ショーのスペシャルサポーターを務める蝶野が「カモン! 松井」と呼び込むと、松井氏は蝶野の師匠“燃える闘魂”アントニオ猪木氏のテーマ曲に乗ってさっそうと登場。猪木氏ほどのキレはなかったが「元気ですか〜!」と観客に呼びかけ、手を振った。ステージ上でしばらくにらみ合った2人は、互いに歩み寄ってがっちり握手。そのまま名刺交換を行った。

 蝶野といえば、大みそかの日本テレビ系特番「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「笑ってはいけない」シリーズで、月亭方正(51)にビンタをお見舞いするのが年末の風物詩となっている。

 トークショーの開催に先立ち、松井市長が方正に共演を要請していることを知った蝶野は「そういう形で私を利用されるのは迷惑だ。私を利用して売名するのはやめてくれ」と不快感をあらわにした上で、方正に来場を呼びかけていた。

 結局、方正が来場することはなく「自分から松井さんと吉村大阪府知事のツイッターに入ってきたのに来ないとは…単なる売名行為だ。大阪モータショーに水を差した」と激怒。松井氏に「彼を排除したい。政令か何かで、面白くない芸人は大阪には住めないというのをつくってもらいたい」と要請すると、松井氏も「欠席でしたね。ここで来てたら一流芸人なんですけどね」と残念がった。

 同学年の2人は、車や万博に関する話ですっかり意気投合。蝶野が「2人でサングラスかけて帽子かぶってたら、あおり運転犯だよ」と話すと、松井氏も「2人でお店の隅っこで飲んでたら通報されそう」と、方正が全く必要ないくらいの“黒いトークショー”で観客を笑わせた。

関連記事(外部サイト)