成田凌「僕にとって原点」の竹下通りで法被着て練り歩き

成田凌「僕にとって原点」の竹下通りで法被着て練り歩き

竹下通りを練り歩いた成田凌

 イケメン俳優の成田凌(26)が9日、活動弁士に扮する主演映画「カツベン!」(周防正行監督、13日公開)のPRのため、東京・渋谷区の竹下通りを練り歩いた。

 法被姿にのぼりを持って登場した成田は、原宿の古着店でバイト中にスカウトされただけに特別な場所だ。「僕にとって原宿が原点と言っても過言ではない。友達とよく来ていた。特別な場所でPRできてうれしい。できればチラシを配りたかったが、何か大人の事情があるみたいなので」と笑みを浮かべた。

 引っ張りだこの売れっ子で、出演作が続く。同作品は1年前に撮影された。原宿を訪れるのも久しぶりで「僕の知っている竹下通りとは変わっている。最後は6、7年前に来たかな。夜だった。歩く人の様子も、建物も変わっていた」と、まだ何者でもなかったバイト時代の思い出と重ね合わせながらしみじみ。

「初日に僕も作品を見に行って、生の反応を確かめようと思う。カツベンを面白いと思ってもらえたらうれしい。まずは映画の存在を知ってもらわないと始まらないので、ちょっとでも興味を持ってもらえば。宣伝活動が終わったら、この衣装は額に入れて玄関に飾りたい。今はポスターを家に4、5枚張っている」と作品に思い入れたっぷりの様子だ。

 プライベートではドライブデートが激写され、熱愛が噂されていた女優・戸田恵梨香(31)との破局がささやかれていたが、特に影響を感じさせることもなく、ひたすら仕事に打ち込む姿が印象的だった。

関連記事(外部サイト)