こじるり 意味深メッセージ「一生仲良くできそうな“友達”もできた」

こじるり 意味深メッセージ「一生仲良くできそうな“友達”もできた」

小島瑠璃子

 マルチタレントの“こじるり”こと小島瑠璃子(25)が10日、都内で行われたバトルロイヤルゲーム「PUBG LITE」先行体験会オープニングイベントに出席した。

 芸能生活10周年の小島は「10年は短かった。今年は高校ラグビーのキャスター7年目でW杯が盛り上がって、流行語大賞に『ONE TEAM』が選ばれたのが、ラグビーに携わってきた者としてうれしかった」と話す一方「今年は本当に騒がしかった。記者の皆さんは忙しかったはず」と薬物事件、闇営業、令和婚と話題てんこもりだった芸能界を振り返った。

 23日に誕生日を迎え、24日のクリスマスイブ、25日のクリスマスとイベントが目白押しだ。「10年間、芸能界で仕事できたことが幸せだし奇跡。家族が敏感で、私が落ち込みそうな時にサポートしてくれるのがありがたい。誕生日には母と2人で四国の温泉に行き、産んでくれてありがとうと感謝したい。10代から仕事してきて30歳が見えてきた。11年目も頑張るが、ここからは運だと思う。細々と長くできたらありがたい」と語った。

 グラビア、MC、ワイドショーコメンテーター、選挙特番のリポーターとなんでもこなす頑張り屋。「10年後のサバイバル方法は、いまだ出口が見つからない。一生懸命仕事やると『あざとい』と言われるし、じゃ手を抜いたらいいのかとなると、それは感じが悪い。今のままでは逃げ道がない。この答えを次の10年で探していかなきゃいけない」と気を引き締める。

 休日には趣味のゲーム、漫画、読書、ドライブ、夏場はダイビングで気分転換。最近はスピッツにハマって、ドライブのBGMにしているという。今年を漢字1文字で表すと「整」。「3時間前に歯の矯正を始めた。ちょっと滑舌が悪いかもしれないが、歯を整える」と気持ちは常に前を目指す。

 最後に「今年は令和婚がむちゃくちゃ多くて、いい夫婦の日が盛り上がった。私は人間関係が凝縮されてきて、一生仲良くできそうな“友達”もできた」と意味深なメッセージを残したが、誕生日あたりに何かおめでたい発表はあるのだろうか。

関連記事(外部サイト)