RG 吉本に“銭”戦布告?「闇試合でジャッカルし返します」

RG 吉本に“銭”戦布告?「闇試合でジャッカルし返します」

今年の漢字一文字を発表した西森とRG

 お笑いコンビ「レイザーラモン」RG(45)と「モンスターエンジン」西森洋一(40)が12日、大阪市のTOHOシネマズなんばで行われた映画「フォードVSフェラーリ」(来年1月10日全国公開)の試写会イベントに出席した。

 アカデミー賞最有力候補の声も上がる同作は、マット・デイモン(49)演じる元カーレーサーのキャロル・シェルビーと、クリスチャン・ベイル(45)演じる元レーサーのカーデザイナー、ケン・マイルズがフォード社の命を受け“ワンチーム”を結成。ル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑み、奇跡を起こすという実話に基づく物語だ。

 この日、今年の世相を表す漢字一文字「令」が発表されたが、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将に扮して登場したRGは、西森と同映画を漢字一文字で表すバトルに挑戦。RGは自ら毛筆でしたためた「闘」の一文字を掲げ、「パッと見、『闇』に見えたでしょ? 無理と思えるものと闘うところや、今日はラグビーの格好をしてますけど、ラグビーは『闘球』って書く。あと闇営業でマスコミと闘いましたから」と説明。

 一方、西森は「レースに対する愛情や、オッサン特有のモノづくりに対する愛を感じた」として「愛」を挙げた。同席した日本人初のル・マン総合優勝者の関谷正徳氏(70)がジャッジし、西森に軍配が上がった。

 勝利に気を良くした西森は「何か頂けるんですか?」とおねだり。MCから「今日のギャラにプラス24万円してくれるかもしれません」と言われたものの「入ったとしても、吉本がジャッカルしますよ。そんなにもらえるわけない」。RGも「あまりに吉本がジャッカルするのであれば、我々は闇試合をして、ジャッカルし返します。ノットリリースザマネーです」と“銭闘”を訴えた。

関連記事(外部サイト)