阪神・梅野が1億円到達「物欲あるので無駄遣いしないようにします」

阪神・梅野が1億円到達「物欲あるので無駄遣いしないようにします」

一億円の大台に乗せた梅野

 阪神・梅野隆太郎捕手(28)が16日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、大台到達となる年俸1億円でサインした。

「大台に乗りました。(球団からは)いいことばかり言っていただき、褒めてもらえた。期待を裏切らないようにしたい」と神妙な面持ちで語った虎の正妻は、今季129試合に出場し打率2割6分6厘、9本塁打、59打点といずれもキャリアハイの成績をマーク。NPB記録となる123補殺に加え、4月9日のDeNA戦(甲子園)ではサイクル安打も達成するなど華々しい成績を残し、2年連続となるゴールデン・グラブ賞も受賞した。

「自分がキャッチャーとしてやらなければならないことは、チームを優勝に導くこと。2位も6位も変わらない。周囲からの評価をいい意味でプレッシャーと感じながら自分の力に変えていきたい」と語った梅野は、昨季年俸5000万円からのサラリー倍増に「自分は結構、物欲があるほうなんで(笑い)無駄遣いしないようにはします。医療器具購入などの自己投資もしたい」と笑みをこぼした。

(金額は推定)

関連記事(外部サイト)